» 2020 » 10月のブログ記事


先週末は 京都の長岡京市にある叔父のところへ母と小旅行
叔父は母の長兄なのだが、残念ながら今年の9月に天命を全うされた
コロナ過葬儀等は家族葬にて行われたのだか 
母が線香をあげたいと願っていたので思い切って伺うこととした

この写真は叔父の家じゃないですよ(笑) 
出迎えてくれた 従兄が折角お越しいただいたのだから昼食でもということで招待いただいた
「長岡天満宮」の傍にある「錦水亭」というところです

とても趣のある料亭で 京都らしくタケノコ料理が有名なお店だそうです

通された部屋は池に張り出した数寄屋造りの個室
なんでも 鬼平犯科帳の撮影舞台にも使われたそうです


こんな景色なんか京都らしいですよね ちょっとカメラマン気取りで写してみました(照)
残念ながら有名なタケノコ料理ではありませんが
(季節じゃないですよね当たり前です)
とても美しい京風のお弁当 
見ても雅です そしてとても上品な味付けと周りの風情

母親もしきりに喜んでいまして
亡き叔父の思い出話も花が咲いて とても満足そうでした

少しは親孝行できたかな

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村

中西木材新聞Vol158   2020、10月号発刊しました!!
今回も創業100周年を迎えるキャンペーンを実施中!
まずはメルマガ登録をお願いします!!

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村


コロナ過も収束の兆しが少しずつ見え始め、またいろいろな国の施策
”go to キャンペーン”が行われ全国的に国民移動が活発化してまいりました
そんな中 ・というわけではないですが急遽仕事で みちのくへ
その途中青森県弘前市でいただいたこのお蕎麦屋さんを紹介します

こちらのお店の名前は”高砂” 桜で有名な弘前城のすぐ近くにあり
創業100年の老舗で かの棟方志功も通っていたという有名なお店です

ここの海老天がうまいよと教えていただいたので 早速オーダー

待つこと10分・・(東北の人はのんびり屋さんが多いのかな?)
出てきたおそばを見て少しびっくり てっきり田舎風の黒い蕎麦かなと思い込んでいましたら
美しい更級蕎麦でした 
早速頂きました  おそばは腰があってとてもおいしいおそばです
しかしそれ以上に感動したのはこの海老の天婦羅 これはプリップリでとてもおいしい

店構えも古民家風で趣があります 昭和後半の建物と説明されましたが
この床柱は 漆で磨かれとても美しい輝きを醸し出していました
この家に対する お施主様のこだわりが見えます
限られた時間の中駆け足で立ち寄ったこのお店
今度はもう少しゆっくり来てみたいと思います
ということで わがまま採点 ★★★☆☆  (好みですが私は田舎蕎麦が食べたかった(失笑))

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村

カレンダー

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ

ページ