昨日朝 福井ではもちろん 全国的にも有名な N棟梁からお電話をいただいた
「曲がり木の上手い活用方法が見れるから見においで」とのこと・・
現場は近所なので 早速お伺いしました


N棟梁  御年84歳 まだまだ現役です!
こちらのお宅は 棟梁が30台の頃手がけ始めた建物で
木造3年かかっていたそうですが 途中から薬師寺再建に行くことになり
地元に戻ってはこつこつと作られていたそうです
実はまだ完成していなくて 未完成の欅御殿として地元でも有名でしたが
完成を待たずして お施主様が他界され そのまま放置してあったものが
ようやく引き継ぐ方がお見えになり こうして解体工事が始まったそうです

柱、梁、束 瓦座に至るまですべて欅 
桁は一部杉ですが なんと八間(16m)の一本物が使われています
曲がりの欅 の使い方 特に2階の床張りにこうして使用するとは勇気のが要ります
どのように曲がるか想像も出来ないので 普通は使いたくないですよね
しかし 40年以上経っていますが 見た目・・では動いていませんさすがです


これは 結木(はねき)・・・ かやおいかな? 
これも欅です 棟梁曰く 上手く使っているやろ 
こういう曲がり木を集めておいて こういった使い方をしていくことが大切だよ・・

棟梁そりゃ分かってますって 
そんな現場 ほとんどお目にかかりませんって言うか・・ないです(XX)

そう応えると  すこし寂しそうに そうやなあ・・っと 
でもそんな現場作って行きたいですよね

棟梁愛用のかけや  で でかいっ
いまは振られんけど 昔はこれをもって 足場なしで本屋に上がって振ってたんや
なるほど あれだけの大きい部材を納めようとしたら こんなかけやが要りますわね
今日は久しぶりに良いものを見せていただきました

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする

カレンダー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ページ