今朝の専門紙にこんな記事が出ていた
内容をかいつまんで言うと  
1.今より倍の素材生産を行い 
2.CLTを使って大規模建築を推進していく
3.中低層の建築物の国産材比率をさらに上げていく
との事だそうだ 
それを受けてかはわかりませんが 福井県の住宅の支援制度の中にも
県産材を活用することで 補助金が得られる制度があるが
昨年まで県産材使用率が50%だったが 今年から新たに70%という枠組みが出来上がった
こうなってくると ほぼほぼ県産材の家が建つことになる

大変ありがたいことではあるが 問題は採算性の問題
我々のような中小製材工場は 大規模製材工場よりはるかに生産性が低いので
どうしてもコストアップになる しかしマーケットプライスは その大規模工場の価格が標準となるので
我々は競争するためには 原価を割って販売せざるを得ないことになる
このようなことがいつまでも続けられるものではないので すなわち廃業に追い込まれていく・・
まさしく 我々中小製材工場は死活問題
さらなる国産材の推進が 我々中小製材工場の衰退を加速化させている・ これが実態である

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ページ