弊社の中でも特に古い建物の一つ 通称”池田さんの小屋”を傷んできたので
少し補修することにしました

池田さんの小屋と呼ばれているこの小屋は”立て場”といって 製材した材料を立てかけて乾燥する場所です
おそらく50年以上は使われているでしょう。
今は製材してもすぐに乾燥機に入れたりするので、このように立てかけることは少なくなりました
しかし屋根のある場所は貴重な場所ですので 今も大切に使っています

補修する必要があるのは 特に屋根 トタン葺ですがやはり半世紀も経つと錆びてきますね
そして木材も雨にかかっているところは傷んできていますね
しかし屋根のあるところは 半世紀たっても全然大丈夫  木材の耐久性の高さを目の当たりにします
さらにすごいのは この梁材を見てください
おそらくカラマツだと思うのですが これ6mの梁です
寸法は 6m 105X150㎜ まあ屋根の棟の部分ですが
この寸法で半世紀福井の冬に耐えています

改めて 木材のしなやかさ 強さに敬服です

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする

カレンダー

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ

ページ